ワキガの原因と脱毛施設で脱毛を受けることでワキガを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
誤った自己処理を脇に施すと、脇の肌を傷つけるだけでなく毛穴も傷つけます。

なぜなら、脇にあるアポクリン腺は毛穴に隣接しているので、毛穴を傷つけることで汗が多く出るようになるからです。

なので、アポクリン腺から出る汗によるワキガの原因となる異臭を放つ汗が出て、脇が臭いを発することになります。

特に、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は脇毛の処理に不適切となります。

脱毛施設で脱毛を受け続けるとアポクリン腺が存在できなくなる

毛を抜く自己処理は、毛だけでなく周りの皮膚も引っ張る上に、脇は皮膚ので柔らかい部位なので肌と毛穴が炎症を起こす可能性があります。

他にも、剃刀による脱毛の自己処理は肌を保湿せずに行うと、肌が剃刀負けするだけでなく深剃りしてしまう恐れもあります。

よって、ワキガに悩まされずに脇毛を自己処理で済ませる場合は、剃刀を使って肌の保湿を欠かさずに行うのが無難となります。

けれども、脇毛の自己処理に割く時間に余裕がない場合は、脱毛施設に通うのがお勧めとなります。

なぜなら、脱毛施設では自己処理と違って毛根を死滅できるので、脇毛を無くすことが可能だからです。

さらに、脱毛施設で脱毛を受け続けると脇毛が無くなる影響により、アポクリン腺が存在できなくなります。

アポクリン腺の汗が分泌されにくくなるので、ワキガの臭いがキツくなるのを抑えられます。

他にも、脱毛施設での脱毛は脇をツルツルの状態に導くことができるので、美肌効果を得ることも可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*