産後の濃いムダ毛を処理する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠によって女性ホルモンとなるエストロゲンやプロゲステロンが増しますが、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせる必要があります。

なので、産後は妊娠前と比べて男性ホルモンが増えるので、ホルモンバランスが乱れます。

その影響により、産後は肌が敏感な状態となるので、紫外線や外部からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥しやすいです。

さらに、産後はホルモンバランスの乱れの他にも毛根細胞が機能しないので、脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

また、産後は脱毛施設での利用を断られる形となります。

ホルモンバランスの乱れにより濃いムダ毛が増える期間となる産後において、脱毛施設での脱毛によって濃いムダ毛に対処しにくくなります。

けれども、自己処理は脱毛と違ってホルモンバランスの影響を受けにくいので、濃いムダ毛を処理するのに適します。

それでも、産後は肌が敏感な状態となるので、誤った自己処理を施すと肌を大きく傷つけることになります。

その上、肌が乾燥しやすいので肌を保湿せずに自己処理を施すと、肌のトラブルに悩まされる形となります。

なので、濃いムダ毛を処理しつつ肌のトラブルを抑える方法として、電動シェーバーがお勧めになります。

なぜなら、電動シェーバーの刃は肌に直接触れない構造なので、誤った自己処理を施しにくいからです。

肌の保湿を忘れずに処理を行うこと

他にも、電動シェーバーは産後の敏感な肌であっても肌の保湿を忘れずに行うことで、肌の乾燥を招かずにムダ毛処理することが可能となります。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されるので、脱毛施設に通う時間を確保できるなら脱毛施設に通うのがお勧めです。

また、ホルモンバランスが改善されることでムダ毛が生えにくくなるので、電動シェーバーによるムダ毛処理に割く時間を減らすことも可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*