埋没毛は何故できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
脱毛をしていて埋没毛ができてしまう可能性が高いのは、自分で毛を抜いた時です。もちろん剃るよりも抜いた方が次に生えてくるまでの時間が短くなるので、行っている人も多い方法です。ですが、毛を抜くと傷がついた皮膚が元に戻ろうとして毛の周囲を塞いでしまうことがあります。毛穴はなくなることがないのでそのまま生えてきてしまい、炎症の原因になるのです。赤くなるだけでなく、黒いポツポツの原因にもなるので防ぎたいトラブルです。

脱毛サロンやクリニックなどでしっかりケアをしておけば起こることは少ないのですが、自分で毛抜きを使ってそのままにしておくと埋没毛ができやすくなります。どうしても抜く時に傷がつきやすく、処理後のケアも甘くなってしまうことが多いからです。

肌が弱い人や埋没毛になりやすい人も安心の対処方法

埋没毛をできるだけ少なくするためには、自己処理の場合カミソリを使うなどして毛穴に傷がつきにくいよう注意することです。カミソリを使っていたとしても毛穴に傷がつくような方法だと埋没毛になるので、剃る時にはシェービングクリームを使うなどして滑りを良くしておくことが大切です。
また、脱毛サロンを利用することでも埋没毛を防ぎやすくなります。埋没毛が起こらないように機器も肌に優しいものが利用されているので、肌が弱い人や埋没毛になりやすい人も安心できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*