素直に自分の意思を伝えることで脱毛サロンの勧誘を断る方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンの体験コースを利用すると、スタッフは契約を急かすので何も言わないとそのまま契約してしまう可能性が高いです。

なので、脱毛サロンでは勧誘を上手く断って自宅でじっくり考えるのが、自分に合った脱毛サロンを選ぶのに大切となります。

なぜなら、脱毛サロンは実際に利用してみないと店舗の雰囲気を掴みにくいからです。

そのため、スタッフが契約させるのに必死になっている場合は、契約しようと思ったけど契約する気が無くなったことを伝えるのがポイントです。

この時、笑顔で言うのが感じの悪い人に思われなくなります。

なぜなら、本来は契約しようと考えていたけど、スタッフの勧誘によって契約しないことをはっきり伝えることになるからです。

よって、無表情で断ると相手に感じの悪い人という印象を与えることになるので、仮に契約しても気まずくなりやすいです。

印象を悪くしないようにうまく断る

とはいえ、スタッフによっては契約を断ることで感じの悪い人と感じることになります。

けれども、脱毛サロンに勤め慣れている人だと、契約を断られても上手く対応してくれるので、店舗に勤めるスタッフのレベルを図ることができます。

また、素直に自分の意思を伝えて勧誘を断る場合は、自宅で考えてみてから改めて連絡することを伝えるのが大切です。

それは、勧誘を上手く断っても連絡しないままだと、相手に我儘な人だという印象を強く与えるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*