脱毛サロンについての基礎知識

光(フラッシュ)脱毛とは

光脱毛の特徴は光の力で熱を送り、ムダ毛の脱毛を行ってくれるところにあります。一本ずつムダ毛に照射していくのではなく、一気に自動的に光を照射して脱毛を行ってくれるのです。手作業でコツコツ毛穴一つずつに光を当てなくて済むので、短い時間の間に脱毛がを終わるという特徴があります。

光脱毛のメリットと聞かれると真っ先に閃くのが「安さ」ですよね。光脱毛はどの脱毛方法と比べても安く脱毛ができます。有名な3つの脱毛方法の中で一番安く脱毛できる方法なのです。安くないと脱毛に手が出せないと言う人は光脱毛を受ければいいのではないでしょうか?他の脱毛方法と比べて格段に安いのが嬉しいところですよね。それに加えて、痛みもそんなに強くないのですよ。痛くない脱毛方法として紹介されています。光脱毛はこのような嬉しいメリットがあるのです。

それでは光脱毛のデメリットも紹介しておきましょう。それは脱毛をするときの威力の低さです。光脱毛は同じように脱毛してくれるレーザー脱毛と比べて威力が弱いというマイナス要素があります。威力が弱い方法であるから脱毛サロンで利用できるのであってそのおかげで安く痛くない脱毛ができるのです。でも威力が弱いので他の脱毛機ほど短期間で脱毛は終わりません。この点は残念なデメリットですよね。ちなみに永久脱毛性もないので、注意しましょう。50年後もムダ毛が全く生えない状態にしたいなら光脱毛はオススメできませんよ。違う方法で脱毛を行ってくださいね。

レーザー脱毛とは

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は皮膚の表面にレーザーを照射して、毛母細胞、毛乳頭を破壊してしまう方法で行う脱毛です。毛の黒い色素にレーザーの光が反応し、熱が蓄積されることで毛の育成に重要な役割を果たしている根っこの部分を焼いてしまうという特徴があります。ニードル脱毛と比べて、痛みが少なく、施術時間が短時間で医療機関が行うという安心感があります。

●レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットは、処理時間の短さや費用の安さなどにより、永久脱毛をした多くの人が、このレーザー脱毛を選んでいます。 レーザー脱毛の照射面の大きさ毎に一度に脱毛処理をすることができるので、短時間で終わることができ、両脇の腋毛の処理であれば、10分ほどで終わります。

また1本ずつ脱毛処理するニードル脱毛と比較すると、格段に料金が安くなり、 レーザー脱毛の痛さは、輪ゴムで肌をはじいたような痛さに例えられることが多いのですが、電気絶縁針を刺すニードル脱毛より、痛さが少ないのがメリットです。

レーザーは黒い色に反応して毛根の組織を壊すことになるので、剃刀で剃ったような状態でもレーザー脱毛をすることができます。そのため、脱毛処理前に毛を伸ばしておく必要がないです。

●レーザー脱毛のデメリット

日焼けした肌には脱毛処理ができないというデメリットがあります。黒い色に反応して毛根を焼くレーザー脱毛は、日焼けした肌にも反応し、火傷を引き起こす可能性が高くなります。日焼けばかりではなく、色素沈着した肌やホクロも同様に脱毛処理をすることができない場合があります。

黒い色に反応するというレーザーの特性を利用して永久脱毛をするレーザー脱毛の場合、黒い濃さが不十分である産毛や白髪に反応しない場合があります。

また成長期の毛でないと脱毛処理できないというデメリットがあります。毛には成長サイクルがあり、毛が抜け落ちた状態である休止期の毛根の組織を壊すことはできません。毛が成長期に入り、黒い色がしっかりと確認できるようにならなければレーザーで脱毛処理をすることができません。

ニードル脱毛とは

●ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛の特徴は、電気針を毛穴に刺して、微弱な電流を流すことで毛乳頭を破壊することで脱毛をします。ニードル脱毛はレーザーや光を当てられない真っ黒に日焼けした肌や黒人に対しても効果を発揮するなどレーザーや光脱毛にはない特長もあり存在価値は高いです。手間が掛かる脱毛方式なので、施術料金も高めに設定されているのが特徴です。

またニードル脱毛は永久脱毛ができます。ニードル脱毛はアメリカで100年以上の歴史があるため、現状唯一「永久脱毛」が実証されている脱毛方式です。

●ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛のメリットは、永久脱毛が保証されていることです。ニードル脱毛でも100%生えてこないことは保証はされていませんが、現状はレーザー脱毛と比べた場合にはニードル脱毛の方が再生率は低い模様で、より永久性が高い脱毛方式といえます。ニードル脱毛は、お肌が黒くても、毛が細くても永久脱毛が出来るという点でまだまだ存在価値を失わない脱毛方式です。

レーザー脱毛や光脱毛の場合には、施術をした日にすぐに毛が抜けるわけではなく、光をあてて数日から数週間を経て毛がポロっと落ちて気づいたらなくなっていたという感じですが、ニードル脱毛の場合には施術した時点で毛が抜けるので、施術完了時には毛のないピカピカの状態になります。

●ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は施術する人のテクニックにもよりますが、基本的にかなりの痛みを伴う脱毛施術になります。 痛みは個人差があるので案外大丈夫だったという方もいれば、耐えられないという方もいますが、基本的にはかなり痛いと思って間違いありません。

広範囲を一気に脱毛できるレーザー脱毛や光脱毛と比べて、ニードル脱毛は1本1本処理していくため時間がかかり、1日の施術で脇も腕も脚もとはなかなかいかないので、脱毛スケジュール的に急いで全身をというのは難しい方式になります。

脱毛施術後に注意すること

■肌のダメージ気をつける

脱毛の施術後というのはどうしても肌が外からのダメージに敏感になっています。

とくに乾燥しやすくなっていますから、保湿を中心としたケアを行なっていく必要があります。

そうしていくことによって、とても肌の状態がよくなっていきます。

とくに脱毛後には自宅でもケアをしていくことが大事になります。

とくに脱毛サロンにおいてもしっかりとしたケアを行なってくれるところを選ぶということが大事になってきます。

そうしていくことによって、安心して毎回の施術を受けていくことができます。

また、サロンに通っていれば自宅でのケアについても適切なアドバイスを受けていくことができます。

プロの視点からのアドバイスによって、間違いのないセルフケアをしていくことができます。

■日焼けに気をつける

やはり脱毛後の肌というのは敏感ですし、日焼けをすると次回の施術において肌が光やレーザーの影響を受けやすくなってしまいます。

ですからとくに脱毛後であっても、日焼けには注意をしていく必要があります。

脱毛部位については保湿効果も期待できるような日焼け止めクリームをこまめに塗っていくことがおすすめです。

■予約に気をつける

脱毛というのは一定のペースで施術を繰り返し受けていくことが効果を出すために必要です。

予約をスムーズに取ることが必要になってきますから、そのためにも施術の後には次回の予約を入れることを習慣にしましょう。