脱毛コラム

産後の濃いムダ毛を処理する方法について

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠によって女性ホルモンとなるエストロゲンやプロゲステロンが増しますが、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせる必要があります。

なので、産後は妊娠前と比べて男性ホルモンが増えるので、ホルモンバランスが乱れます。

その影響により、産後は肌が敏感な状態となるので、紫外線や外部からの刺激を受けやすくなり、肌が乾燥しやすいです。

さらに、産後はホルモンバランスの乱れの他にも毛根細胞が機能しないので、脱毛施設に通っても脱毛効果を得にくいです。

また、産後は脱毛施設での利用を断られる形となります。

ホルモンバランスの乱れにより濃いムダ毛が増える期間となる産後において、脱毛施設での脱毛によって濃いムダ毛に対処しにくくなります。

けれども、自己処理は脱毛と違ってホルモンバランスの影響を受けにくいので、濃いムダ毛を処理するのに適します。

それでも、産後は肌が敏感な状態となるので、誤った自己処理を施すと肌を大きく傷つけることになります。

その上、肌が乾燥しやすいので肌を保湿せずに自己処理を施すと、肌のトラブルに悩まされる形となります。

なので、濃いムダ毛を処理しつつ肌のトラブルを抑える方法として、電動シェーバーがお勧めになります。

なぜなら、電動シェーバーの刃は肌に直接触れない構造なので、誤った自己処理を施しにくいからです。

肌の保湿を忘れずに処理を行うこと

他にも、電動シェーバーは産後の敏感な肌であっても肌の保湿を忘れずに行うことで、肌の乾燥を招かずにムダ毛処理することが可能となります。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されるので、脱毛施設に通う時間を確保できるなら脱毛施設に通うのがお勧めです。

また、ホルモンバランスが改善されることでムダ毛が生えにくくなるので、電動シェーバーによるムダ毛処理に割く時間を減らすことも可能となります。

埋没毛は何故できるのか

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
脱毛をしていて埋没毛ができてしまう可能性が高いのは、自分で毛を抜いた時です。もちろん剃るよりも抜いた方が次に生えてくるまでの時間が短くなるので、行っている人も多い方法です。ですが、毛を抜くと傷がついた皮膚が元に戻ろうとして毛の周囲を塞いでしまうことがあります。毛穴はなくなることがないのでそのまま生えてきてしまい、炎症の原因になるのです。赤くなるだけでなく、黒いポツポツの原因にもなるので防ぎたいトラブルです。

脱毛サロンやクリニックなどでしっかりケアをしておけば起こることは少ないのですが、自分で毛抜きを使ってそのままにしておくと埋没毛ができやすくなります。どうしても抜く時に傷がつきやすく、処理後のケアも甘くなってしまうことが多いからです。

肌が弱い人や埋没毛になりやすい人も安心の対処方法

埋没毛をできるだけ少なくするためには、自己処理の場合カミソリを使うなどして毛穴に傷がつきにくいよう注意することです。カミソリを使っていたとしても毛穴に傷がつくような方法だと埋没毛になるので、剃る時にはシェービングクリームを使うなどして滑りを良くしておくことが大切です。
また、脱毛サロンを利用することでも埋没毛を防ぎやすくなります。埋没毛が起こらないように機器も肌に優しいものが利用されているので、肌が弱い人や埋没毛になりやすい人も安心できます。

素直に自分の意思を伝えることで脱毛サロンの勧誘を断る方法について

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンの体験コースを利用すると、スタッフは契約を急かすので何も言わないとそのまま契約してしまう可能性が高いです。

なので、脱毛サロンでは勧誘を上手く断って自宅でじっくり考えるのが、自分に合った脱毛サロンを選ぶのに大切となります。

なぜなら、脱毛サロンは実際に利用してみないと店舗の雰囲気を掴みにくいからです。

そのため、スタッフが契約させるのに必死になっている場合は、契約しようと思ったけど契約する気が無くなったことを伝えるのがポイントです。

この時、笑顔で言うのが感じの悪い人に思われなくなります。

なぜなら、本来は契約しようと考えていたけど、スタッフの勧誘によって契約しないことをはっきり伝えることになるからです。

よって、無表情で断ると相手に感じの悪い人という印象を与えることになるので、仮に契約しても気まずくなりやすいです。

印象を悪くしないようにうまく断る

とはいえ、スタッフによっては契約を断ることで感じの悪い人と感じることになります。

けれども、脱毛サロンに勤め慣れている人だと、契約を断られても上手く対応してくれるので、店舗に勤めるスタッフのレベルを図ることができます。

また、素直に自分の意思を伝えて勧誘を断る場合は、自宅で考えてみてから改めて連絡することを伝えるのが大切です。

それは、勧誘を上手く断っても連絡しないままだと、相手に我儘な人だという印象を強く与えるからです。

アンダーヘアの脱毛でカミソリを使うときの最大のメリットは?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をカミソリを使ってやるときにはいろいろな問題点もありますが、メリットもちゃんとあるのです。

そして、メリットの中で特に大きいと言えるのは、1度に多くの範囲を脱毛することができるという点だと思います。

カミソリはいろいろな箇所で脱毛に使うと思うのですが、アンダーヘアの脱毛以外でも、すでに多くの範囲を一気に脱毛しやすいということは感じている人が多いと思うのです。

そのメリットはアンダーヘアの脱毛においても共通なので、そこはカミソリならではの特徴になると言えます。

だから、カミソリを使ったアンダーヘアの脱毛というのはもちろんデメリットもありますけど、1回あたりの処理の時間というのは大分節約できる可能性があります。

メリットを重視した場合にはカミソリ脱毛もおすすめ

アンダーヘアの脱毛というのは、元々そこまで範囲が広いというわけではないですけど、その広くない範囲の脱毛をカミソリを使って行えば、意外と早く完了するのではないか?と思います。

カミソリは永久脱毛の効果はないので、1度やれば良いわけではなく、定期的に何度も手間をかけないといけない必要性はありますが、1回あたりの手間の時間がそこまでかからなければ、意外と大変ではない可能性もあります。

したがって、カミソリを使うというのも広い範囲を一気に脱毛できるというメリットを重視した場合にはおすすめと言える可能性もあるということになります。

ワキガの原因と脱毛施設で脱毛を受けることでワキガを改善できる理屈

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
誤った自己処理を脇に施すと、脇の肌を傷つけるだけでなく毛穴も傷つけます。

なぜなら、脇にあるアポクリン腺は毛穴に隣接しているので、毛穴を傷つけることで汗が多く出るようになるからです。

なので、アポクリン腺から出る汗によるワキガの原因となる異臭を放つ汗が出て、脇が臭いを発することになります。

特に、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜く自己処理は脇毛の処理に不適切となります。

脱毛施設で脱毛を受け続けるとアポクリン腺が存在できなくなる

毛を抜く自己処理は、毛だけでなく周りの皮膚も引っ張る上に、脇は皮膚ので柔らかい部位なので肌と毛穴が炎症を起こす可能性があります。

他にも、剃刀による脱毛の自己処理は肌を保湿せずに行うと、肌が剃刀負けするだけでなく深剃りしてしまう恐れもあります。

よって、ワキガに悩まされずに脇毛を自己処理で済ませる場合は、剃刀を使って肌の保湿を欠かさずに行うのが無難となります。

けれども、脇毛の自己処理に割く時間に余裕がない場合は、脱毛施設に通うのがお勧めとなります。

なぜなら、脱毛施設では自己処理と違って毛根を死滅できるので、脇毛を無くすことが可能だからです。

さらに、脱毛施設で脱毛を受け続けると脇毛が無くなる影響により、アポクリン腺が存在できなくなります。

アポクリン腺の汗が分泌されにくくなるので、ワキガの臭いがキツくなるのを抑えられます。

他にも、脱毛施設での脱毛は脇をツルツルの状態に導くことができるので、美肌効果を得ることも可能となります。